専門学校の基礎知識 - 一般社団法人 福岡県専修学校各種学校協会

専門学校の基礎知識

専門学校の正式名称は「専修学校専門課程」

専門学校は、正式名称を「専修学校専門課程」と呼びます。専修学校という大きなくくりがあり、その中で専門課程を設置している教育機関であるため、「専門学校」と呼ばれています。

専門学校は卒業時に学歴と「専門士」の称号が得られる

 法律で規定されている専門学校は、教育の内容が保証されていることはもちろん、就職をする際に学歴としてきちんと認められるのが大きなメリットです。また、修業年限が2年以上の多くの専門学校は、卒業時に「専門士」の称号を得ることができます。
 これは短期大学士と同等の称号で、卒業後は就職のみならず、大学3年次への編入学も可能となります。
 さらに修業年限が4年以上で、文部科学省が定めた要件を満たした課程を修了した場合には、大学院への入学も可能となる「高度専門士」の称号が得られます。
 このように、専門学校は学科の内容などによって修業年限が1年のものから、最長で4年のものまで幅広くあります。

「認可校」と「無認可校」の違い 安心して学べる学校を選ぶには

 「専門学校」と名のつく学校は、すべて行政から認可された学校で、学歴の保証や専門士の称号など、認可校にはさまざまなメリットがあります。
しかし、似たような教育内容でも行政からの認可を受けていない「無認可校」と呼ばれる教育機関もあります。無認可校でも知識や技術を学ぶことができるかもしれませんが、教育の質に関して法律による保証がないため、学歴として認められず、当然ながら「専門士」の称号を得ることもできません。進路として選ぶ場合は、教育の内容に関しては自己責任となるため、慎重に吟味する必要がありますので注意してください。
 ちなみに、専門学校は「専門学校」と名乗ることができますが、必ずしも名乗る必要はないため、学校名に「専門学校」と入っていない学校もあります。学校名に「専門学校」と入っていなければ、その学校が都道府県知事の認可校であるかを確認すると良いでしょう。
 なお、このサイトに掲載している学校はすべて福岡県知事からの認可を受けている専門学校ですのでご安心ください。