職業実践専門課程について - 一般社団法人 福岡県専修学校各種学校協会

職業実践専門課程について

専門学校についてー目次ー

文部科学大臣が認定する「職業実践専門課程」とは?

  専門学校のうち、企業などと密接に連携して最新の実務の知識・技術・技能を身につけられる、実践的な職業教育に取り組む学科を、文部科学大臣が「職業実践専門課程」として認定します。
 2021年3月現在で、全国2,779校ある専門学校のうち、職業実践専門課程として認定されているのは1,070校3,149学科。そのうち福岡県では、70校204学科が認定されています。

職業実践専門課程の特徴は?

職業実践専門課程の認定学科には、次のような特徴があります。

企業とのコラボで、より高度な職業教育が受けられる

 職業実践専門課程に認定されるためには、さまざまな要件を満たす必要があります。上の5つの特徴のとおり、企業などと密に連携した授業や演習、実習を行い、教員の研修を企業などとともに実施することが求められます。また、適切な教育が行われているか、学校の自己評価に加えて学校関係者による評価も義務付けられています。学校関係者とは、企業や卒業生、在校生の保護者のことです。このような外部からの評価によって、教育内容をさらに厳しくチェックできる体制が作られています。
 これらの基本情報を学校のホームページで公開し、「見える化」することにより、学校の課題が改善されることが期待できます。

ここがスゴい! 職業実践専門課程の魅力

 職業実践専門課程に認定された専門学校では、企業などと連携した授業や演習、実習を行う実践的なカリキュラムを編成しているため、実際に働くことを意識しながら、普段の授業や実習ではなかなか得られない実践的かつ専門的な知識・技術・技能を身につけられることが、業界への就職を目指す学生にとって大きなメリットとなります。

職業実践専門課程の実際の満足度は…

 文部科学省が2018年度に学生に行った調査によると、「企業や病院などにおいて行われる専門現場実習で、「社会人としての心構えの習得ができたか」という質問に対して、「そう思う」と答えた学生が全体の50.1%、「ややそう思う」と答えた学生が37.1%、となっており、約9割のは学生が成長を実感していることを示しています。また、職業実践専門課程の認定学科と非認定学科とで比較した際、「そう思う」と回答した学生が認定学科では50.1%であるのに対して、非認定学科では40.5%であったため職業実践専門課程の認定学科の方が満足度が高いことがわかります。さらに卒業生を対象とした調査では、在学期間中の教育効果として「専攻分野に直接関わる専門知識がどの程度伸びたと思うか」という質問に対して、「とても伸びた」と回答した人が全体の約6割にあたる57.2%となっており、その他の質問項目においても、ほとんどの項目において、 認定学科の卒業生の方が非認定学科の卒業生に比べて、高い評価となる結果になりました 。
 職業実践専門課程は、常に教育の質の向上と改善に取り組んでおり、第三者を交えた会議を通してさらにクオリティの高い教育を目指しています。業界や現場の変化に合わせて、本当に必要とされる学びを受けられるため、今後も高い成果が期待できます。